サッカーなでしこジャパン★丸山桂里奈選手のキュートなきせかえ♪


丸山桂里奈

丸山桂里奈キセカエ

きせかえ紹介

サッカーなでしこジャパン★丸山桂里奈選手のキュートなきせかえ♪

なでしこジャパンとは?

サッカー日本女子代表チームの愛称。2004年、アテネ・オリンピック出場を前に日本サッカー協会(JFA)が一般公募して選んだもので、清楚(せいそ)で凜(りん)とした美しさを持つ日本女性をたたえる言葉「大和撫子(なでしこ)」からの「なでしこ」に、世界に羽ばたくようにと「ジャパン」を組み合わせたもの。

日本の女子サッカーは、1991年に行われた第1回FIFA女子世界選手権・中国大会から代表を送り込んでいるが、アテネ・オリンピック以前には目立った成績は残せないでいた。だが、アテネ・オリンピックでベスト8に進出、「なでしこジャパン」の知名度が高まり、日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)も「なでしこリーグ」という愛称で呼ばれるようになり、観客が飛躍的に増加した。2006年にはカタールのドーハで行われたアジア競技大会で準優勝したが、07年に中国で行われたFIFA女子ワールドカップでは、グループリーグ敗退となった。08年、コーチを務めていた佐々木則夫が監督に就任。直後2月に行われた東アジアサッカー女子選手権では、3戦全勝で初優勝。同年5?6月のAFC女子アジアカップでは3位、同年8月の北京オリンピックでは初のベスト4進出を果たした。その後、10年の東アジア女子サッカー選手権、アジア競技大会ともに優勝。

11年、ドイツで行われているFIFA女子ワールドカップでは、準々決勝で大会2連覇中の開催国ドイツを破りベスト4に進出。「速いパス回し」は他を圧倒するものがあり、身体の大きさやパワーでは劣るが、ボールの蹴り分けやドリブルの巧みさなどを誇るテクニシャンが多く、日本女子サッカーは確実に世界の中心で戦える存在として新たなステップに足を踏み入れていると評価されている。キャプテンの沢穂希は、すでにメキシコ戦と準々決勝のドイツ戦の両方で、FIFAによってMVPに選出されている。更に、準決選でスウェーデンを3対1で破り、初のワールドカップ決勝進出。その決勝も世界ランク1位の米国を相手に、延長の末PK戦で勝利し優勝。日本がFIFAの大会で優勝するのは、男女あらゆる年代で初めての快挙だ。FIFAによって、キャプテンの沢は大会MVPと得点王に、GKの海堀あゆみが決勝のMVPに選出された。

丸山桂里奈とは?

国民栄誉賞を受けたなでしこジャパンの美人ストライカー。ポジションはフォワード。1983年3月26日生まれ。東京都出身。身長163cm、体重56kg。2002年、大学在学中にサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)に初選出。W杯期間中、選手やスタッフの誕生日に「Happy Birthday to you」をアカペラで歌っていたことが話題になり、ビクターエンタテインメントが優勝記念企画として同曲のアカペラ歌唱をオファーした。丸山の歌は主要配信サイトで配信される。9月末までの限定だが「幸運を呼ぶ歌」として話題。

公式サイトメニューからアクセス

  • 【i モード】メニューリスト>きせかえツール>キャラクター
  • 【Yahoo!ケータイ】メニューリスト>壁紙・きせかえアレンジ>きせかえアレンジ
  • 【EZweb】メニューリスト>EZ ケータイアレンジ>総合

QRコードからアクセス

携帯電話へは下記のQRコードからアクセスして下さい。