SH-03B シャープ

SH-03B シャープ

WERTYキーボードに独立した数字キーを装備

写真は上がSH-04A、下がSH-03Bのキーボード。前モデルの「SH-04A」の数字キーはアルファベットに割り当てられており、「Fn」キーを押しながら数字を入力する必要があったが、「SH-03B」では独立した数字キーを搭載し、使いやすくなった。また、SH-04Aでは左端のみにあった「Fn」キーと「↑(Shift)」キーが、SH-03Bでは左右両端に搭載されたほか、ワンタッチで絵文字を呼び出せる「絵文字」キーも用意された。

大画面タッチパネルで直感的に操作できる

3.7インチのフルワイドVGA液晶はタッチパネルに対応しており、本体を閉じたまま操作できる。待受画面をタップすると現れる「待受タッチランチャ」から、メールやブラウザ、地図アプリなどへスムーズにアクセスできる。画面中央の12個のアイコンには好みの機能やデータを割り当てることも可能だ。

手に収まりやすいラウンドフォルム

ボディは適度に丸みを帯びており手にフィットしやすい。本体の4コーナーにはイルミネーションを採用しており、着信時や通話中、スライド開閉時などに美しく点灯する。点灯カラーやパターンは動作ごとに設定できる。ディスプレイの下には終話キーと発話キー、側面にはカメラキーを搭載しており、閉じたときの操作をサポートする。クリア(戻る)操作はタッチパネルから行う。